2017年スーパーGTシリーズ チャンピオンも監修!
“レースで使える”
高機能ウオッチ
EDIFICE 「EQB-800」の魅力を語る!


2017年8月10日に発売された高機能ウオッチ『EDIFICE(エディフィス)』のスマートフォンリンクモデル、『レースラップクロノグラフEQB-800』。この「EQB-800」は、2017年スーパーGT(GT500クラス)でシリーズチャンピオンを獲得したLEXUS TEAM KeePer TOM'Sも開発段階においてアドバイスを行い、モータースポーツの現場でも役立つ機能と、モータスポーツスピリッツをデザインで表現したモデルだ。

LEXUS TEAM KeePer TOM'Sの関谷正徳監督と平川亮選手が「EQB-800」の魅力について語った。


関谷監督

平川選手

スマートフォンをリンクし 時間を合わせる 『時間の正確さ』

腕時計に求める機能ついて、ふたりが口をそろえるのは『時間の正確さ』だ。レースの現場は時間にとてもシビア。ラップタイムはもちろん、次のセッションまでの時間や進行管理など、ズレは許されない。

「「EQB-800」の良いところはなんといっても時間が正確なところです」と語るのは関谷監督。
「『ピット作業3分前』や『ゲートオープンまであと何分』といった時間を、チーム内でしっかり共有できることはとても大事です。瞬間的にスタッフ全員が動けないといけないし、時間が正確なことはメカニックにとって、すごく重要なんです」

同様に平川選手も「「EQB-800は見やすいし、時間が正確ですよね。僕の感覚では1週間に1回くらいブルートゥース機能で時計を合わせれば正確なままですので(実際には「EQB-800」は1日に4回、時刻を自動修正)、信頼性があります」と「EQB-800」に寄せる信頼を感じさせた。

「EQB-800」にはスマートフォンの専用アプリ『CASIO WATCH+』でブルートゥースと連携する『スマートフォンリンク機能』がついており、定期的にスマートフォンと自動接続、時刻が修正され、常時正確な時刻が表示されるようになっている。

また、スマートフォンの専用アプリ上で約300都市からタップすればその時刻を表示できるというワールドタイム設定機能が搭載され、世界中どこでも正確な時間を把握することが可能だし、面倒な時刻合わせがスマートフォンでできるのも便利だ。海外のレース、ヨーロッパ・ル・マンシリーズにも参戦する平川選手はこれまでEDIFICEシリーズをヨーロッパに着けて行き、その利便性を感じることができたという。

「自分が今いる都市をスマートフォンでタップして送信すれば、時差も日付けも簡単に設定できます。海外にいる時、特にレースウイークでこの機能は重宝していますよ」と平川選手。

時計とスマートフォンをリンクさせる 専用アプリ「CASIO WATCH +」


レース現場の生の声から生み出された機能 「ターゲットタイムインジケーター」

12時方向にあるインダイヤルが カウントダウンを刻む

「今回は、メカニックが現場で使えるような要望を出しました」と関谷監督。「セッション中、周回しているクルマがどのタイミングでホームストレートに戻ってくるか腕時計で知らせてくれる機能があるとうれしいので、そのような機能をリクエストしました」

『ターゲットタイムインジケーター』は設定された目標タイムの10秒前から12時方向の針がカウントダウンを開始。周回中のレーシングカーが戻ってくるタイミングの目安にできるほか、時計で計測したラップタイムを専用アプリ上でリスト表示やグラフ表示することもできる。

レースの現場で秒刻みに動くメカニックにとって、サインボードを表示するタイミングやピットタイミングなど、逃してはいけない瞬間は多い。そんな瞬間に役立つ機能として、『ターゲットタイムインジケーター』はまさにメカニックの生の声から生み出された。


モータースポーツマインドを 刺激するデザインは、 クルマ好きの心をくすぐる。

そしてさらに、「EQB-800」が備えるのは機能だけではない。デザイン面としても文字盤はレーシングカーのメーター回りのようにも見える仕上がりだ。カラーリングはシルバーとブルー、ブラックの3色、どれもクールな印象だ。今回はこれまでのシリーズよりも文字盤の堀をさらに深くしたダイナミックなデザインを採用。より立体的になった『深リム』のようなデザインはモータースポーツ、クルマ好きの心をくすぐるビジュアルだ。

機能、デザインともにレースファンの心を躍らせるクロノグラフ、「EQB-800」について、関谷監督はこう語った。「「EQB-800」は幅広い年齢層の方に受け入れられると思いまよ。僕が一番気に入っているのはカラーリング。それから、インパクトがあってカジュアル、フォーマル両方で使えるデザインがいいですよね」

深みを増した ダイナミックなデザイン

「ボールドデザイン」の太い針。
レーシングカーの メーターのような動きも クルマ好きをワクワクさせる

平川選手は自身の海外でのレース参戦時の使用感を交えつつ「「EQB-800」は時間を気にする人や海外を飛び回る人などにすすめたいですね」と、自身の経験からも機能面で海外で役立つことを語った。

「EQB-800」はブルー、シルバー、ブラックの3色。ブラックの「EQB-800BL」はレーシングカーの強化素材としても用いられるケブラーをインサートした皮バンドを装着したモデルで、こちらもツウ好みな仕様になっている。